当サイトについて

夜勤で働くあなたへ

当サイト【夜勤のオアシス】は夜勤で働いている人向けに、快適な睡眠や食事、人間関係などについてご紹介しています。

夜勤がある仕事の例

夜勤がある仕事は様々な職種があります。

  • 医師・看護師
  • 介護士・ヘルパー
  • システムエンジニア
  • 飲食店
  • 工場勤務

などがあります。

夜勤のメリット

夜勤のメリットで最も大きいといえるのが、深夜労働手当が付くことですよね。

手当ての額は25%と定められており、時間外労働と深夜労働が重複した場合には50%の手当てが付きます。

 

他には「昼間の用事を済ませやすい」ことが挙げられます。

役所や病院、子供の行事などの用事が済ませやすくなります。

反対にデメリットも。

夜勤のデメリット

夜勤のデメリットは

  • 身体の疲れがとれない。
  • 日勤の週なのに眠れない。
  • 時間が有効に使えない。
  • しんどさから家族に八つ当たりしてしまう。

などなど、身体から心まで影響が出てしまうこともしばしば。

これを読んでいるあなたの頭の中にも、浮かんでいることがいくつかあるのではないでしょうか?

夜勤の悩みナンバー1は?

夜勤がある仕事をしている人の悩みは様々ですが、一番多いのはズバリ【睡眠】です。

なぜなら夜勤前の昼間になかなか寝付けず、結果ほとんど眠れない=睡眠時間をとれずに夜勤の仕事に行くことになります。

次の日、クタクタで帰ってきて、次の夜勤に備えて昼間から再び寝ることも。

このように、夜勤ワーカーは昼間の仕事と違い、体内リズムに逆らって寝たり起きたりしなければいけないのです。

夜勤ワークの攻略は睡眠!といっても過言ではないです。

 

夜勤でも健康を保つために

通常と行動時間が逆転する夜勤では、体調管理をしっかりと行うことが大切です。

睡眠、食生活などに注意し、体調を崩さないよう毎日の生活に気を付けましょう。

睡眠

夜勤の出勤前には、日中にしっかりと睡眠をとっておきましょう。仕事中に仮眠がとれるならこちらもおすすめです。

食生活

体力の消耗が激しいため食事の栄養バランスにも気を配りましょう。

 

免疫力

睡眠や食生活にも関わりますが、食事で栄養を十分に摂るのが難しい場合は、サプリメントで補給するのも手です。

 

夜勤の仕事が辛い場合は転職するのも一つの手

夜勤は給料が高い反面大変な部分も多いですよね。

「どうしても体が夜勤についていかなくなった」「日勤の仕事に変わりたい」という方は、転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

いきなり転職しなくても転職サイトに登録して暇な時に他の求人を見てみるだけなら今日からでもできそうですよね。

転職サイトに登録するのにお金はかかりませんし、こちらなら匿名で登録できるので会社にばれる心配もありません。

▼こちら▼

 

夜勤から日勤の仕事に変わることであなたの悩みが解決するかもしれません。

あなたが「もっと早く行動しておけばよかった」と思わないで済むように、とりあえず転職サイトに登録して、いい条件の仕事があれば転職を考えましょう。

 

『夜勤のオアシス』の紹介

当サイトは夜勤ワーカーの睡眠・食事・人間関係・円満退社の情報をお届けしています。

管理人は夜勤で働く夫がいます。

夫が夜勤で働くにあたって、私はできるだけ負担を減らすように睡眠や食事などを勉強しました。

当サイトでは、書籍や実体験をもとにして、より実用的な対処法を紹介していきます。

『夜勤のオアシス』カテゴリー

★夜勤の睡眠

★夜勤の食事

★夜勤の転職

プライバシーポリシー